男性用・女性用・医療用・子供用のオーダーメイドのかつら専門店

かつら工房 株式会社ウルトラヘアー

髪の悩み相談室

かつらの疑問あれこれ

かつらの疑問あれこれ
規格品のカツラがキツイ。

Q:昨年カツラサロンで即納品の規格品かつらを購入したのですが、1日かつらを頭に乗せていると頭が締めつけられて痛くなってきます。何か良い方法が無いでしょうか?

A:多分お客様は、既製品もしくは中途半端なセミオーダーの全頭カツラを購入されたと思います。
全頭かつらをお客様に似合わせることは非常に難しいのです。
お客様各自の頭の大きさ・湾曲が違います。
既製品の全頭カツラでは、当然お客様の頭とのサイズが違う・湾曲が違う・形が違う等々基本的に合っていないかつらをカツラの斜め後ろについているゴムを引っ張ったりして、無理に微調整しても、僅かな時間なら良いとしても、長時間使用すると頭が痛くなってきます。(ゴムで頭が締めつけられるため)

また、細かいところがお客様に合っていないのですから、自然さを追求するにも無理があると思います。
出来れば完全オーダーで、型取りして作製されることをお勧めします。
但し、即納品を勧めた店はさけた方が良いと思います。なぜならば即納品を勧めるような技術者は、本当にカツラのことを知らないし、当然かつらの製造方法を知らないし分かっていないと思います。

かつらの疑問あれこれ
カツラ購入後のランニングコスト(維持費)について教えてください。

当店でのランニングコストは、地毛と同じく地毛の調髪料金(¥3600)だけです。
弊社では調髪料金の中に、調髪している間に、白髪・黒髪の増毛修理も無料でおこなっています。
地毛の調髪を自分自身でされている方は、特にランニングコストは必要ありません。

その他には必要に応じてかかる費用は
☆かつらのセット直し¥1500
☆ピン(クリップ)交換¥1000
☆編み込み料金¥2000 などです。

かつらの疑問あれこれ
かつらの取付方法は?

大きく分けて、編み込み、医療用両面テープ、専用接着剤、クリップ、マジックテープ、フックなどの取付方法をお客さまの状態やライフスタイル、ご要望等によって使い分けることになります。
例えば、医療用両面テープ、接着剤、クリップ、フックなどは毎日ご自分で取り外し・装着ができますので、メンテナンスも簡単で衛生的ですが、編み込みの場合は、基本的に付けっぱなしになりますので、毎日の装着の手間は不要となりますが、装着したままでは頭皮までしっかりと洗えないため衛生的とは言えません。また寝癖などによりカツラの傷みも激しくなります。

かつらの疑問あれこれ
かつらのスペアって必要?

基本的には必要ありません。
と言うのは、私共ウルトラヘアー・カツラ工房では、日常的なメンテナンスは、調髪時間内に無料で部分修理していきますので、「修理の間、カツラがない!」ということがないからです。
但し、事故や不意のトラブルなどでカツラが壊れてしまった場合に備えてスペアご用意されている方もいらっしゃいますが、このあたりは、お使いになられる方の考え方によると思います。

かつらの疑問あれこれ
帽子をかぶっても大丈夫?

地毛でも帽子をかぶるとスタイルが崩れますよね。
カツラの場合、カツラに使用されている髪質(素材)によって違います。
人毛製品は帽子をかぶりますと、地毛同様、縁周りに帽子のかたがつきます。その様な場合はドライヤーでセットすれば元に戻ります。(ただしいつもドライヤーを持ち運びしなければならないですが)
当社が主に使用しているクラレSN2000人工毛製品などは、帽子の縁周りのかたがつきにくいという性質を持っています。ですので、帽子をかぶって乱れたとしても手櫛かブラシなどで髪をとくだけでヘアースタイルがほとんど復元しますので手入れがとても簡単です。

かつらの疑問あれこれ
カツラとウィッグの違いは?

結論から言いますと、かつらもウィッグも同じです。
洋かつらの技術は、約60年前にアメリカから導入されました。アメリカでは、かつらの事をtoupee叉はwigと言います。
私の理解では、日本ではtoupeeをかつら・wigをウィッグと言われているように思います。

かつらの疑問あれこれ
‘’あたり前‘’のこと。あるお客様のお話

お客様は、約30年間かつらをご使用されておられて、カツラの自然さにかなりのこだわりをもっておられました。不自然なかつらをつけるなら、かつらを購入しない方が良いと・・・・

当然なことだと思います。
今まで色々なカツラサロンでかつらを購入してきたが、イマイチ気に入らないので新たなカツラサロンを探されていました。
色々なカツラの広告・インターネット等で探して相談に行ったりしていたとのことです。
ある日、知らないカツラサロンから、カツラの案内の葉書が届いたらしく、そのかつらのサロンのコンプライアンス(法令遵守)はどれだけいい加減なのかよく分かると
非常に憤慨されていました。
おっしゃるとおりだと思います。かつら業界は昔から、従業員が会社の顧客名簿を盗んだりして、他のカツラサロンに顧客名簿を売るとか、又は独立してカツラサロンを経営する人が多いのです。
(過去に顧客名簿を盗んだ結果、裁判になり、顧客名簿は会社の財産と言う犯例が出ています。)
だいたいコンプライアンスの言葉・意味を知らない人が多くおられます。
全く知らないお客様に、かつらの案内状を送るようなサロンは、大抵いい加減でたいした技術も無い店だと言えます。相手しない方が良いですよ。
さて、今回お客様に似合うかつらを作製するにおいて、かつらの製造ノウハウ・色々な
髪質の特性・それに伴うカツラのベースの特性・お客様の顔に似合うヘアースタイル等々を1時間ほどかけて説明させて頂きました。
お客様は目を丸くしてびっくりしておられました。この様な説明は今まで聞いたことがないと・・・

私共は元々カツラの製造をしていた会社ですから、当たり前のことを説明したにすぎないのです。
お客様のご期待に添えるように、自然なかつらの作品作りに頑張ります。

かつらの疑問あれこれ
自然なかつらと不自然なカツラとの違いは?

非常に難しく、奥が深い質問ですね

お客様一人一人の顔・形・頭の大きさ・髪の薄い部分の面積・お客様の地毛の髪質・お客様の仕事内容・お客様の扱い方・ご希望のヘアースタイル等々によって、かつらの製造方法が変わります。
 
完全別注だと言って、ただ単に、お客様の髪の薄い部分の型取りをして(フィッター・ビニール等をかぶせてセロテープで固める等々)お客様の地毛の薄い部分・カツラの髪の流れをマジックで書けば良いのではないのです。(大抵のカツラサロンの理容師・美容師はこの程度ですが)
 
お客様の地毛の状態・ご希望のヘアースタイル・日常の生活習慣等々によって、使用する髪質・かつらのベースの種類・装着方法(かつらを頭に止める方法)・髪の流れ・カット方法等々が微妙に違うのです。

この様なことを理解するには、カツラの製造が出来て、当然知識も豊富で、ヘアースタイルのセンスがあって、カット技術も豊富になければ出来ない技なのです。それでもお客様に満足して頂き、尚かつかつらの耐用年数が有るカツラ作りは非常に難しいのです。
  
ましてや、既製品・イージーオーダー又はセミオーダーの中途半端な既製品では無理があるのです。
  
大抵のカツラサロンは、お客様の頭の上で型どりして、マジックで線を書いて、注文書に毛量が70%.80%.90%等に適当に指示して、後は海外工場(中国・タイ・ミャンマ・北朝鮮・インドネシア・フィリピン等々)にお任せといった状態なのです。
例えば毛量80%と指示しても、所詮手仕事ですからいい加減なのです。

このいい加減さをいかに自社で手直しが出来るか、又はこのいい加減さをいかに事細かく海外工場に指導できるかは、指導できる人が製造ノウハウを全て持っておらなければ出来ない至難の業なのです。
また、このことが出来ても技術者のセンスが無ければ似合わないのです。
お客様一人一人に似合うカツラの作品作りは、まるで芸術品なのです。

この事をふまえて、ご相談されてはいかがでしょうか?
各サロンの顔を見ればだいたい雰囲気で分かりますよ。(^-^)

かつらの疑問あれこれ
カツラってすぐ分かる人がいますがなぜ?

一般の人が見てかつらだとすぐにわかってしまう大きな理由は次の3つです。

●まずカツラの髪が多いこと
●不自然に黒々していていること
●そのため、ペターっと重たい感じになってしまう。

では、多くの人が、なぜその様なかつらを購入するかなのですが、お客様自身が他の商品と違って、見比べにくいからなのです。

例えば電気製品だと 色々なメーカーの色々な機種を見比べて判断できますが、カツラの場合は基本的に完全別注品で作製しますから、出来てくるまで
自然さが有るかどうか分からないのです。
でもそれでは困りますよね。かつら販売店のスタッフの話だけでは不安ですよね。

髪が薄くなってこられるお客様は、従来よりも地毛が細くなって、ボリュームが無くなってきます。

その様な細い地毛に、髪質が太い従来のカツラの髪と地毛との絡み部分に段差がつきやすくなります。

また、かつらの髪質に腰がないと、ペターとしてしまいどうしても不自然になります。従来のかつらの髪質はあまり種類がなかったためある意味しかたがないのです。

クラレのウルトラヘアーは髪の太さが4種類、毛色は60種類、白髪の色は4種類、カツラのベースは50種類などと豊富な バリエーションがあり、多様な要望にかなりの部分で対応できると思います。

ただ色々な材質を持っていても、最終的にかつらをカットする人が、センスがなく技術が伴っていなければ、どうしようもないのですが・・・

まずは予約してご相談に来て頂き、豊富なかつらのヘアースタイルサンプルを試着して頂ければよいかと思います。

もちろんご相談は無料ですし、ご来店頂いても注文する必要は一切ありません。

かつらの疑問あれこれ
女性のモデルの写真がないのは?

Q:ホームページを拝見して思ったのですが、男性のモデルの写真が数点有りますが、女性用のモデルの写真が無いのはなぜですか?

A:男性のモデルの写真はすべて当社のお客様です。無理を言って、当社のホームページのモデルになって頂いております。(^-^;
女性のお客様も沢山おられるのですが、当然のことならがどうしてもお客様の写真を公開するのは嫌がられますので(男性も同じなのですが)、マネキンを使わせて頂いています。

お気軽にお問い合わせください。大阪本社相談室:0120-1082-39。広島相談室:0120-56-1188。受付時間:平日10時から17時まで。理容・調髪・ご相談は事前に電話でご予約をお願い致します。
トップに
戻る