男性用・女性用・医療用・子供用のオーダーメイドのかつら専門店

かつら工房 株式会社ウルトラヘアー

髪の悩み相談室

かつらのメンテナンスについて

かつらのメンテナンスについて
カツラ専用シャンプーは有りますか?

お客様の地毛でも、髪質によっては合うシャンプーと合わないシャンプーが有りますよね。
カツラの髪質は、人毛(中国人・インド人・ヨーロッパ系等々)と人工毛髪(アクリル・ナイロン・ポリエステル・塩化ビニール等々)有りますが、どちらにせよお客様が、普段使用されているシャンプー・リンスをご使用されてかつらを洗って頂いても、基本的に問題はありません。

カツラサロンによっては、カツラ専用シャンプーを進めるところがありますが、高価だけで大して変わりません。
お客様は、高価なカツラだから安いシャンプーを使用したら、かつらが傷むのではないかと心配されていると思いますが、地毛のシャンプーとカツラのシャンプーとでは、基本的に成分はほとんど変わりないので、わざわざ高価なカツラ専用シャンプーを使用しても余り意味がないです。

かつらのメンテナンスについて
傷んだかつらを修理したいのですが、郵送か宅急便で送れば修理できる?

修理内容によって、出来る修理と出来ない修理があります。
例えば、かつらの裏のベースの医療用両面テープを貼る場所の修理は出来ます。

しかし、かつらの髪が抜けたり切れたりしている場合の、増毛修理は基本的には出来ません。

理由は次の通りです。

(1)お客様の顔・形、頭の状態を実際に見せて頂かないと、修理品のカツラにどれだけの髪を増毛すればいいのかが詳しく分かりません。例えば、かつらの毛量指示が70%.80%.90%.100%と書いてあっても、お客様自身が何%の指示にしていいのか分からないです。まして、かつらの製造しているかつらの海外工場(中国・インドネシア・ミャンマ等々)自体も適当なのが実態なのです(100%手仕事の為)。
また白髪の%指示となったら、お客様には分からないのが実態なのです。

(2)仮に海外工場等から出来上がってきたカツラを、お客様の頭の上にのせないで、適当にかつらの髪をカットするのは愚の骨頂で本当にいい加減なやり方なのです。
その様な修理品のかつらを着ければ、自然なカツラを期待するだけ無駄になります。
 
ただ単に修理すれば良いのではないと思います。修理代金が\1,000ならいざ知らず、修理するぐらいかつらを使用していると言うことは、購入後何年か経過しているのです。と言うことは、お客様自身の頭の状態が変わっていると思われます。
お客様にとって、より自然なかつらで、こだわりを持って頂けるなら、修理といえども必ず各お店に出向いた方が良いと思います。

かつらのメンテナンスについて
かつら専用シャンプーが必要?

Q:カツラのシャンプーをするときは、特別な専用シャンプーが必要なのですか?

A:シャンプーについては人毛製品.人工毛製品問わず、基本的にこのシャンプーで無ければならないという物はありません。
市販されているシャンプーで大丈夫です。シャンプーした後はリンスもした方が、カツラの髪のすべりが良くなりますし、静電気防止にもなりますので、必ずリンスも市販されている物で充分ですのでリンスもしてくださいね。

かつらのメンテナンスについて
かつらの手入れはでうすればいいの?

Q:かつらを購入した後のメンテナンスが必要なのでしょうか?

A:当社製品、他社製品であろうと、人毛製品.人工毛製品であろうと、ご購入頂いて年数がたってくれば、カツラのスタイルが徐々に崩れてきて不自然になってきます。せっかくご購入頂いて不自然なカツラをつけているのでは嫌ですよね。
かつらは通販商品のように売りっぱなしの商品ではありません。

私共では、お客様がかつらを購入した後、地毛の調髪をかねてご来店頂ければ、お客様の地毛を調髪している間にかつらのシャンプーセットをして、ご購入頂いた状態のファットした自然な状態に復元させて頂きます。
また、カツラの髪が切れたところやお客様の地毛に白髪が増えたところに合わせて、かつらにも部分的な箇所で有れば、その場で黒髪.白髪を増毛したりすることも可能です。 (調髪料金\3,500にて部分修理無料)

遠方の方でも、出来ればご来店頂くのが一番良いのですが、無理な場合はスペアをもたれて1台ずつ当社に宅急便で送って頂ければ、フィットとしたセットをしてご返送させて頂きます。

かつらのメンテナンスについて
カツラの修理について教えて

Q:現在4年程度使用しているかつらが傷んできたので、修理をしたいのですが出来るでしょうか?

A:実際にご使用中のかつらを拝見させて頂かないと、何とも言えません。
そもそも一つのかつらを長年使用していますと、一番多い傷む箇所は、かつらの裏側の両面テープを貼る部分の接着面です。その次は、分け目部分です。
それ以外に、かつらの髪が抜けたり切れたりする・かつらのベースが傷んでくる、また人毛のかつらは髪が変色したり、お客様自身の体臭がかつらの人毛に移ったりしてきます。
  
年数がたてば、お客様の地毛の状態に変化が出てきた場合(白髪が増えてきたり、お客様の地毛の薄い部分が広がったり)修理をしても、不自然なかつらになるかもしれません。
ただ単に、傷んだかつらを修理すればいい物ではないと思います。
ですので、必ずカツラの修理を依頼する場合は、弊社にご来店頂き(予約制)修理のかつらを拝見させて頂きお客様の地毛の状態と見比べて判断させて頂きたいのです。
 
お客様にとって、自然なかつらを長い期間ご使用して頂きたい基本信念ですので、ネット販売で、修理カツラを宅急便等で受付する業務は、本来おこなっていません。
  
そもそもかつらを使用すると言うことは、ただ単に、地毛の薄い部分を隠すのではなくお洒落をする事によって、元気で若さを保ち、人生を楽しむ為の大事なアイテムの一つだと私たちは考えています。

かつらのメンテナンスについて
修理しても自然さは維持できるのでしょうか?

修理の内容やカツラの使用年数によって変わります。基本的に修理をするような状態になると言うことは約2年前後又は2年以上使用されてきたと思います。(※しっかりとしたカツラであればそんなに簡単には修理が必要になりませんd(-_^))
仮に毎日使用して 年数が経ってきますと、カツラの裏のベース(両面テープを貼っている部分)が劣化してきてひびが入ってくる、又は分け目の人工皮膚部分が傷んでくる、髪が抜けてくる、髪が切れてくる等の傷みが出て来ます。(ベースが薄いタイプはより早く傷んできます)
その時点で修理を考えた場合、お客様がどこまで自然さにこだわるか、こだわらないかによって、修理をした方が良い場合とそうではない場合が有ります。
例えば、2~3年経過して、お客様自身の地毛が更に薄くなってきた場合は、修理しても不自然になり薄い部分をかつらの髪で隠す事になります。
カツラの髪で隠すと言うことは髪が乱れたときに、お客様の薄い部分が見えると言うことなのです。恥ずかしいですよね。つまりこの場合、修理代を払ってももったいないということになります。

当社では、調髪でご来店頂いておりますお客様には、部分増毛等の修理はその都度調髪時間内でその場で修理しています。もちろん無料です。(^-^)

かつらのメンテナンスについて
かつらを作ったあとは、どれくらいの頻度でメンテナンスjに行けばよいのでしょう?

メンテナンスは、お客様によって若干の違いはありますが、約月一回程度の地毛の調髪をかねてご来店で良いと思います。
ご来店頂きますと、お客様の地毛の調髪時間内に、かつらのセット及びかつらの髪が抜けたところやかつらに白髪の増毛等無料修理にてさせて頂きます。
ただ遠方のお客様は、今まで行っておられるサロン様で、地毛の調髪をして頂ければ 良いかと存じます。

かつらのメンテナンスについて
かつらの髪が赤くなってきたのですが毛染めできる?

かつらの髪には、人毛・人工毛髪が有ります。
人毛(中国人・インド人・ヨーロッパ系)は、紫外線等で変色してきます。
お客様のかつらの使用回数によって違いますが、約1年で変色してきます。変色しましてもヘアーダイ(毛染め)すれば元の色に近い状態に染めることが出来ます。

人毛のカツラでも、白髪入りのかつらの白髪は、大抵は人工毛髪ですので毛染めしても染まりませんのでご安心ください。
但し、白髪も人毛ですと黒く染まりますので、お買いあげ頂いたお店でおたずねください。

人工毛髪(アクリル系・ポリエステル系・ナイロン系・塩化ビニール等々)は、人毛製品ほど髪の色は非常に変わりにくいですが仮に変色して毛染めしましても染まりません。
人毛と人工毛髪の混合したカツラの場合は、人毛のみが毛染め出来ますが、人工毛髪は毛染め出来ません。

一度変色しましたかつらを、拝見させて頂ければ詳しいことが分かりますので、詳しいアドバイスをさせて頂きます。

かつらのメンテナンスについて
かつらのメンテナンスについて

かつらのメンテナンスで、お客様がしなければならないことは基本的にシャンプーセットをすることだけです。
ただしシャンプーセットする注意点を申し上げます。

●人毛製品は、シャンプーする前に、かつらの髪を毛先から一定方向にブラッシングして毛がらみをとって櫛通りを良くしてください。
当社製品には、カツラ専用のブロックをお渡ししていますので、その後そのブロックの上にかつらを乗せてから、ぬるま湯のシャンプー液につけながらブラッシングしてください。シャンプーが終わりましたら、同じ要領でリンスもしてください。リンスをしてすすいだ後 良く水を切り、乾いたタオルである程度水分を拭き取った後、ハンドドライヤーで乾かして頂ければOKです。

●人工毛(クラレ製品)は、ぬるま湯のシャンプー液の中にかつらを入れて、手櫛感覚でカツラの髪をとかしながらシャンプーをして頂いてその後リンスも同様にして洗い流せば終わりです。その後かつらを手でもってふるようにすれば水分が殆どはじいてしまい、後は軽くブラッシングすれば元の状態のスタイルが復元できるので簡単です。
ただ従来品の人工毛製品はハンドドライヤーの熱で乾かすと、かつらの髪が傷むおそれがありますのでご注意してください。

当サロンにご来店頂ければ、お客様の地毛の調髪の時にシャンプーセット及び部分増毛は調髪時間内で、無料でさせて頂きます。(調髪料金は別途頂きます)

かつらのメンテナンスについて
現在4年程度使用しているかつらが傷んできたので、修理をしたいのですができるでしょうか?

実際にご使用中のかつらを拝見させて頂かないと、何とも言えません。
そもそも一つのかつらを長年使用していますと、一番多い傷む箇所は、かつらの裏側の両面テープを貼る部分の接着面です。その次は、分け目部分です。
それ以外に、かつらの髪が抜けたり切れたりする・かつらのベースが傷んでくる、また人毛のかつらは髪が変色したり、お客様自身の体臭がかつらの人毛に移ったりしてきます。
  
年数がたてば、お客様の地毛の状態に変化が出てきた場合(白髪が増えてきたり、お客様の地毛の薄い部分が広がったり)修理をしても、不自然なかつらになるかもしれません。
ただ単に、傷んだかつらを修理すればいい物ではないと思います。
ですので、必ずカツラの修理を依頼する場合は、弊社にご来店頂き(予約制)修理のかつらを拝見させて頂きお客様の地毛の状態と見比べて判断させて頂きたいのです。
 
お客様にとって、自然なかつらを長い期間ご使用して頂きたい基本信念ですので、ネット販売で、修理カツラを宅急便等で受付する業務は、本来おこなっていません。
  
そもそもかつらを使用すると言うことは、ただ単に、地毛の薄い部分を隠すのではなくお洒落をする事によって、元気で若さを保ち、人生を楽しむ為の大事なアイテムの一つだと私たちは考えています。

* 修理内容及び修理価格は、下記をご覧ください。

http://www.ultrahair.co.jp/maintenance/index.html

お気軽にお問い合わせください。大阪本社相談室:0120-1082-39。広島相談室:0120-56-1188。受付時間:平日10時から17時まで。理容・調髪・ご相談は事前に電話でご予約をお願い致します。
トップに
戻る